Made of copper






銅製のリースを造ってみたい!というお客様のご要望があったため、サポートを受けていただきながらお造りいただくことになりました。

とりあえず、季節に合わせた飾り付けができるようにと土台のみの制作(目標3時間)となります。

材料は銅のみです。

・銅線(1.6〜5mmまで各種)

・銅板(0.6mm)





まずは、5mm、4mm、3mm の銅線を買ったままではツルツルで面白みがないので、ハンマーと金床の類を使ってザラッとした表情をつくっていきます。





一度焼き鈍し、リング状に曲げて両端を溶接します。

銅は鈍すとかなり柔らかくなり、よく曲がり、よく伸びます。

たたいたり曲げたりしていくとまた硬くなります。





3mm以上の太さになると、曲がり方を調節しているあいだに硬くなってしまうので、かたちを変えたい場合はその部分に熱を加え、また曲げやすくするということになります。





次に銅板を葉っぱっぽいかたちに何枚か切って、一度鈍します。

こちらも表面がツルツルのままではなく、少し荒らして、葉脈もつけてみました。





葉っぱをベースのつるにバランスを考えながら配して溶接していきます。

葉のかたちもそれっぽく曲げたりして雰囲気が出てきました。





仕上げに表面を少し硫化させて黒っぽく変色させたら、スチールウールで少し磨いて完成です。

銅の長所のひとつは色付け方法が多様で、様々な色の変化が楽しめるところ。

今回はその定番の一つと言える、かつて国民的入浴剤だった「610ハップ」を使いました。

これは特に色止めをしていないので、お使いいただいている間にさらに色が変わっていくはずです。

これをベースに、銅線を上手く利用したり、さらに巻きつけたりしてつるのくるくるっとなった先端部分を加えたり、自然物を絡めたり、永く自由に楽しんでいただけると思います。

材料調達やスケッチを別とした制作時間の目標3時間でなんとかここまで。

お疲れ様でした!

2回の閲覧
sketch-on_04b_gray.png
sketch on | スケッチオン
 
〒500-8157 岐阜県岐阜市五坪1-18-28 カヨウビル1F
Phone: 058-247-3161
10:00~19:00(火曜日定休)

​ご連絡・お問い合わせはこちらから

 © 2017 sketch on.

  • Facebook page